~ お気楽極楽ぐうたら日誌 ~


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
遺作「イノセント」を観る
どーでもいーことだが、私は映画好きである。
最近めっきり観る回数は減ったが、学生のころは週に1回は観ていたように思う。それも、池袋の名画座中心だったので、2本立ては当たり前、時には3本立てもどんとこいってな感じで。

そんな学生時代に出会ったのが、ルキノ・ヴィスコンティ(映画監督)。もちろん、リアルタイムではなく名画座で観たのだが。

今年はヴィスコンティ生誕100年だそうで、いま、新宿のテアトルで特集(「山猫」「ルートヴィヒ」「イノセント」が上映)が組まれている。
この情報は私の映画の師匠、aiai氏から教えてもらった。師匠、感謝~~~~~~~~!

さっそく、「イノセント」(遺作)を観てきた。
うわ、もう冒頭からヴィスコンティの臭いが!
甘美な退廃の香り、すこし赤茶けたイタリアの空気。
久しぶりのヴィスコンティに120分間、くぎ付け。

私はやっぱりこの世界が好きなんだと再確認。
来週は、「ルートヴィヒ」を観に行こう。あ~、血が騒ぐっ!


20061021212257.jpeg

スポンサーサイト
【2006/10/20 23:23】 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<最近の読書 | ホーム | ミハイル・カンディンスキーを聴く>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kbkay.blog14.fc2.com/tb.php/185-33d53a56
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。