~ お気楽極楽ぐうたら日誌 ~


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ぶらり旅・初秋の益子と宇都宮 ~その④~
いよいよ、益子焼き!

お目当ての陶庫がお休みでガーン!
でも、他のお店で気に入ったものが購入できました。

陶房ましまやで購入。
外松信彦さんの作品。縄目の模様が素敵です。
soup.jpg



大誠窯は益子焼の老舗です。
お店の裏には、立派な登り窯が!
窯の中の方まで見学させて頂きました。
いまは、殆どの窯元が電気窯で焼いているそうですが、
こちらは今でも赤松の薪を使用しているそうです。
炭からつくられた釉薬は何とも言えない色・つやを醸し出します。
kama.jpg

kama2.jpg

kama3.jpg


伝統的な益子焼は、ぽってりとした厚みが手になじむ焼き物です。現代作家の方々の作品のようなパッと見のおしゃれ感はないように感じるかもしれませんが、実はすごくモダンで飽きのこない素敵な作品が多いのです。
お値段もこれまたなかなか良いので^^;、一度に沢山揃える事はできませんが、すこしずつ増やしていきたいなと思います。
私と夫では、手にとるものが違い、おもしろかったです。

夫が選んだ丼。深い色が素敵です。
吉野家の牛丼(大盛り)が10杯は食べられる位のお値段です。
don.jpg


こちらも夫がマイカップ用に選んだもの。
magu.jpg


私が選んだのはコチラ。
伝統的な”馬の目”(模様)。
釉薬の使い方で色々な表情が出ていて素敵です!
uma-mini.jpg

uma.jpg


気に入ったものが見つかり、大満足な益子焼きの旅でした。
スポンサーサイト
【2006/09/30 15:00】 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ぶらり旅・初秋の益子と宇都宮 ~その⑤~ | ホーム | ぶらり旅・初秋の益子と宇都宮 ~その③~>>
comments
----
渋いがほっこり、といった感じでしょうか?
毎日の食卓が楽しくなりそうですね。
私は、吉牛10杯のどんぶり、気に入りました。
心置きなくガッツリいけそうです。。。。
【2006/10/02 00:42】 URL | miu #-[ 編集] |
----
黒い丼はがっつり何でもいけますよー。
ちなみに、我が旦那さまは、
チキンラーメン入れて食べてました。
(そりゃないよねー)
【2006/10/09 21:04】 URL | KB-kay #.FvjxnEE[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kbkay.blog14.fc2.com/tb.php/180-e6da4fa8
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。