~ お気楽極楽ぐうたら日誌 ~


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
LA FOLLE JOURNEE au JAPON



「LA FOLLE JOURNEE au JAPON~熱狂の日 音楽祭2007」に行って来ました。
朝から晩まで各種プログラムが組まれていますが、
私は2日13:00~のホールAをチョイス。
皆さん、2本3本のコンサートのかけもちは当たり前と言う感じですが、私は都合がつかず1公演のみ。
友人のSご夫妻と御一緒させて頂きました。

グリーグのP協、シベリウスの「悲しきワルツ」、「フィンランディア」という超メジャーな選曲です。
「悲しきワルツ」超メジャーとはいきませんが、私の好きな曲。

ピアニストはスリランカ人のシャニ・ディリュカさん(女性)。
ホールのせいもあると思いますが、ピアノが聴こえない・・・この人は、もっと小さい所で小品なんかを弾いたほうがいいんじゃないか???(まぁ、一応プロなら何でも出来なきゃいかんよ・・・とSご夫妻とも話す)

オケはポーランドのシンフォニア・ヴァルソヴィア。
時々、あちゃっ!っていうミス音が聴こえたけれど、雰囲気あるしまぁまぁ
1曲目より2曲目、2曲目より3曲目という感じで徐々にオケの音の伸びもよくなって、フィンランディアは思いっきりはじけていました。特にホルンが・・・^^;。
我が家には何故か、フィンランディアのスコアもあり(以外にもいくつかのオケのスコアを持っているのだ^^;)、思わず帰宅してから確かめてしまいました。

お目当ての「悲しきワルツ」は、やっぱり綺麗な曲だわと再確認。そーゆー展開しちゃうの?ってなことを北欧作品ではまま感じることが多いのですが、この曲も然り。
そーゆー展開にしてそーゆー終わり?っていうこちらの期待(?)通りで、これまた

サクッと45分、お祭り気分で楽しめました。
Sご夫妻はその後、チャイコの室内楽、ラフマニノフ&ボロディンへと流れて行きました。

私は、丸の内のパレードを横目で見つつ、帰宅。

Sご夫妻、どうもありがとうございました
スポンサーサイト
【2007/05/03 07:10】 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) |
J-WAVE「ANA WORLD AIR CURRENT」とフランス展
hakase.jpg
友人に誘われ、J-WAVE「ANA WORLD AIR CURRENT」のイベントを観に新宿伊勢丹へ。
「ANA WORLD AIR CURRENT」とは、葉加瀬太郎氏が毎週ゲストを迎えて旅をテーマに(ANAが提供ですもの!)トークすると言うラジオ番組(毎週土曜日放送)です。

今日はその番組の公開録音。席は前から2列目ど真ん中の特等席。誘ってくれたNちゃん、ありがとう♪
ゲストは、女優の田中美里さん。
上海や北京、台湾からスイスに及ぶ、主に”食”を中心とした話題で盛り上がりました。葉加瀬さんは、食べ物の話をするとき、とっても楽しそうでした。聞いているコチラもお腹が空いてしまって・・・^^;。
田中さんは、すらりと伸びた手足が素敵、スタイル抜群でした。

前半はトーク、後半はお待ちかねのライブです。

アイリッシュフィドラーの功刀丈弘さんがゲスト。葉加瀬さんと高校の同級生だそうです。

アイリッシュフィドラーは、初体験。
ケルト音楽はけっこう好きなので、期待大です。
1曲目は、ほぉー、雰囲気あるなぁ-という感じで始まり、2曲目以降は徐々にヒートアップ。へヴィメタを思わせるほどの激しさもあり、会場全体がノリノリでした。
圧巻は、葉加瀬さんとの共演。
どんどんテンポが早くなり、超絶技巧の嵐、嵐!あー、興奮した。そして、おもしろかった!

Nちゃん、楽しいお誘いどうもありがとう♪
またご一緒させてね。

新宿伊勢丹では、フランス展開催中。
私は、ジョエル・ロブションのパンを購入しました。明日の朝、早速たべよーっと!
フランス展は、色々なもの(フランスの野菜までも!)がありました。美味しそうなケーキや瓶詰めのオリーブなどもありましたが、雨も降っているしこれ以上荷物は増やせない~という事で断念しました。残念
isetan.jpg

【2006/11/11 23:32】 音楽 | トラックバック(0) | コメント(1) |
ミハイル・カンディンスキーを聴く
先日、聴いてきたミハイル・カンディンスキー氏のピアノのリポート。

青山にある「サロン・ド・アール」という定員50人ほどのサロンを以前から見学してみたいと思っていたところ、ちょうどカンディンスキー氏のコンサートが同場所で行われるというので、見学がてらコンサートに行ってきた。

名前からもわかるように、あの抽象絵画の巨匠”カンディンスキー”の子孫で、現在33歳。
エリソ・ヴィルサラーゼ門下生らしい。

曲目は、オール、ラフマニノフ。
6つの楽興の時 op.16
13のプレリュードop.32

会場は、本当に50名入るの?と疑いたくなるくらい狭い。
ビルの一室を改装してサロンにした感じ。
部屋の内装は、ロマンチック風、壁には天使がいた(笑)。
隣に座ったOL風の方から話し掛けられた。
「コンサートは何でお知りになったんですか?」(OL風)
「あー、ネットで。。。聴いてみたい曲目だったので」(私)
「では、けっこうお詳しいのですね」(OL風)
「あは・・・まぁ、そんなに詳しくはありません^^;」(私)

OL風お姉さんは趣味でピアノを習っていて、私も同じようにピアノを習っているのだろうと思ったようでした。ま、ピアノを勉強しているという意味では、同じか。。。

話が脱線してしまった。

さて、カンディンスキー氏のピアノは。。。

「楽興の時」
前半:
うーん、なんだかいまいち冴えないなぁ。
ミスタッチがあったりして、欲しい音のときに違う音が聴こえてきたりする。。。うー、せっかく仕事を調整して来たのにちょっと後悔。
オマケに隣の部屋の水の音?、トイレ?の音がしたり、室内の空調の音がボォーーーーってうるさかったり、ますます後悔。

後半:
あ、ちょっと音楽が流れてきた感じ。
ベーゼンドルファーの心地よい響きが徐々に出てきたかな?
歌いまわしに独特な”間”を感じる。
苦手ではないが、まだいまひとつ惹きこまれない。

休憩中に空調の電源を切ったようで、騒音はこれで問題なくなった。(でも、暑かった)

「プレリュード」
楽興の時は全く入り込めなかったが、打って変わってコチラのプレリュードは初めから終わりまで素晴らしかった。
素朴な音でいながら、深い温かな響きが心地よい。
何か、この人のお人柄がうかがえるような音。
そして、カンディンスキー氏のこの作品に対する意図・解釈がはっきり見える演奏。とくに終曲の終わり方には、脱帽。目からウロコだった。

アンコールは、プレトニョフ編曲の「くるみわり人形」より。
とてもかわいい曲だけれど、めちゃくちゃ難しそう。
編曲モノって難しいんだよねー。
私は頼まれても弾くのイヤダね。

そんなこんなで、最初の後悔もどこへやら、
極上のプレリュードでうっとり大満足の演奏会であった。
この人が大曲を演奏したらどうなるのか、ちょっと聴いてみたい。華麗なる演奏にはならないだろうが、現代のロシアピアニズムが聴けるかもしれない。

帰りにCDを購入。
スクリャービンの幻想ソナタ、ショパンのバラード3番は秀逸。バラ3と言うあたりが、この人らしい。

会場の感想:
うーーん、微妙。
気軽なサロンコンサートで使用するぐらいならいいかな。
大人の生徒さんだけで、コンサートやるならここかな?


20061021205344.jpg


ミハイル・カンディンスキー氏のご先祖、ワシリー・カンディンスキーの作品
【2006/10/19 20:53】 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
子供のためのコンサート
小学3年生の生徒さん2人を連れて、子供のためのコンサートに行ってきました。
弦楽四重奏で、モーツァルト、ジブリ作品を中心とした選曲。
二人とも、初めてのコンサートなので、待っている時からかなり興奮気味。
夜(18:30開演)のお出かけ、それもピアノの先生と子供だけでのお出かけだから、テンションも上がりますね^^;

前から2列目、ど真ん中という席だったので、演奏者の息遣いもよく聞えました。弦のしくみや弾きかたがよくわかったかな?2人とも知ってる曲は目を輝かせて聴いていました。

また、何か良いコンサートがあったら一緒に行きましょうね!

子供のための・・・だったにもかかわらず、2時間のフルコンサート、終演が20:30を過ぎてしまい、ちょっと大変でした^^;。(ほとんど、夢の中というお子さんも・・・)
小さな子供を対象としたコンサートは、もう少し短めか早い時間の開演がよいなぁ~と個人的には思いました。
【2006/08/18 23:33】 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
おつかれさま&ありがとう



mimosa2.gif


この写真、こわすぎますか
衝撃的すぎる・・・


遅ればせながら、私が代表をしているミモザのコンサート終了報告させていただきます。

5月28日(日)
第2回 ミモザ・スプリング・コンサートが無事終了いたしました。ご来場くださいました皆様、どうもありがとうございました。ご出演の皆様もどうもありがとうございました。
近々、HPにも報告致しますが、この場でお先に御礼申し上げます。

ミモザは2003年に誕生した音楽サークルで、現在のメンバーは28名になります。のんびりまったり活動していますが、このままおばあちゃんになるまでメンバーと共に活動していければと思っています。
次回のコンサートはいつになるのか?わかりませんが、
今後ともミモザをよろしくお願い申し上げます
【2006/06/10 18:26】 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。