~ お気楽極楽ぐうたら日誌 ~


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「ルートヴィヒ」を観る
ludwig.jpg


先週にひきつづき、テアトル新宿タイムズスクエアで行われている「ヴィスコンティ生誕100年祭」へ。
本日は、「ルートヴィヒ」。
あの”狂王”「ルートヴィヒⅡ世」の世界を描いた傑作です。

友人であり映画のお師匠さんであるaiaiさんとその旦那様、そして私の3人で観てきました。

完全復元版237分(途中休憩あり)。長いっ!
ヘルムート・バーガーの怪しくも美しい姿にクラクラッ。
どんよりとした空気(気が滅入りそう、でもそれがいいのだ)、仰々しい音楽(不安にさせる音、これがまたいいのだ)、じりじりと画面に映し出される顔のアップ(顔の彫りが深くてさらに翳を生む、こうでなくちゃ!)・・・。

ワーグナーを崇拝し、芸術を愛したルートヴィヒは、自分自身が芸術そのものになりたかったのかもしれません。
正気と狂気、生と死の狭間にあるものが芸術だとすれば、ルートヴィヒ自身も芸術だったのかもしれません。
ただし、現代の私たちから見れば、それは非常に悪趣味で陳腐なレプリカに過ぎないのですが・・・。

ルートヴィヒの美しさ→醜さへの変貌も見ものですが、
私は、弟”オットー”の悲しい一生も心にしみました。
現存するオットーの写真は、気弱で優しそうな顔をしています。悲劇の一族ですね。
それから、ルートヴィヒの唯一の理解者であるエリザベート皇后も、鳥かごの中の鳥として悲しい一生を送りました。

孤独で悲しい人たちの美しい映画だったなと、あらためて思う私であります。



スポンサーサイト
【2006/10/29 09:47】 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
遺作「イノセント」を観る
どーでもいーことだが、私は映画好きである。
最近めっきり観る回数は減ったが、学生のころは週に1回は観ていたように思う。それも、池袋の名画座中心だったので、2本立ては当たり前、時には3本立てもどんとこいってな感じで。

そんな学生時代に出会ったのが、ルキノ・ヴィスコンティ(映画監督)。もちろん、リアルタイムではなく名画座で観たのだが。

今年はヴィスコンティ生誕100年だそうで、いま、新宿のテアトルで特集(「山猫」「ルートヴィヒ」「イノセント」が上映)が組まれている。
この情報は私の映画の師匠、aiai氏から教えてもらった。師匠、感謝~~~~~~~~!

さっそく、「イノセント」(遺作)を観てきた。
うわ、もう冒頭からヴィスコンティの臭いが!
甘美な退廃の香り、すこし赤茶けたイタリアの空気。
久しぶりのヴィスコンティに120分間、くぎ付け。

私はやっぱりこの世界が好きなんだと再確認。
来週は、「ルートヴィヒ」を観に行こう。あ~、血が騒ぐっ!


20061021212257.jpeg

【2006/10/20 23:23】 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。